インターナショナル新書 006

『怪魚を釣る』

小塚拓矢

作品紹介

コンゴのムベンガから、北海道のイトウまで。
超巨大魚を釣るためのノウハウを披露!

体長1メートル、もしくは体重10キログラムに成長する淡水域の巨大魚を怪魚と称し、世界40カ国以上で50種を超える魚を釣り上げてきた小塚拓矢。本書では、そんな怪魚釣りのプロである著者が、これまでに蓄積した独自のノウハウを惜しみなく綴る。

担当編集者より

「どうしてこの人は、怪魚釣りにこれほどまでの熱量を注ぐことができるのだろうか?」
過去の冒険について目を輝かせながら語る小塚さんを前にすると、いつもそんな思いが浮かびます。学生時代より世界中を釣り歩いてきた小塚さんは、大学を卒業するとルアー販売会社を立ち上げ、釣りそのものをライフワークとする人生を選択しました。“好きなことを仕事にした”と言えば聞こえはいいですが、それは生半可な覚悟で実現できることではなかったでしょう。本書に綴られているのは、あくまで小塚さんの主観であり、個人的な体験です。しかしそこには、人生を楽しむための“小塚流ライフハック”が散りばめられています。
釣りをご趣味とされている方はもちろん、仕事とプライベートの兼ね合いに悩むあなたも、ぜひご一読ください!

定価 本体740円+税
発売日 2017年2月7日
ジャンル ノンフィクション
書名(カナ) カイギョヲツル
新書判 224ページ
ISBN 978-4-7976-8006-5
Cコード 0276

著者

写真写真

小塚拓矢(こづかたくや)

怪魚ハンター。1985年、富山県生まれ。東北大学理学部生物学科卒業、同大学院修士課程修了。大学在学時より、世界中を旅し、40カ国以上で50種を超える怪魚を釣り上げる。著書に『怪魚ハンター』(山と渓谷社)等がある。

好評既刊

pagetop