ビデオ

町山智浩さんコメント

映画は何の予備知識もなく観ても楽しいものですが、観終わった後、心にひっかかったことを調べるとさらに楽しさが広がります。(中略)
たぶん自分は映画そのものより、映画について調べる方がもっと好きなのかもしれません。ひとつのセリフや描写の背景にあるものを知ろうとすると、思わぬ人物や作品や歴史的事実が浮かび上がり、そこからまったく別の世界につながっていく瞬間がたまらないのです。(あとがきより)

インターナショナル新書 005

『映画と本の意外な関係!』

町山智浩

作品紹介

なぜあのシーンにあの本が!?
本好きのための新・映画論

映画のシーンに登場する本や台詞、歌詞などを、元ネタである文学や詩までに深く分け入って解説。新たな作品解釈を楽しむことができる、画期的な映画評論!

担当編集者より

映画のシーンに登場する本や言葉は、映画を読み解くうえで重要な鍵を握っています。映画を見ていて本が映ると「今の、何だった?」と気になるという著者は、一瞬のシーンも見逃すことなく、作品に登場した本や台詞、歌詞などを、元となった文学や詩までに深く分け入って調べ、解説しています。本書で明らかにされる「意外な関係」は、『インターステラー』とボルヘス、『ウォール・ストリート』とシェイクスピア、『007 スカイフォール』とテニスンの「ユリシーズ」など。紹介する作品は、エンタテインメント作品から超大国アメリカの裏側がわかるドキュメンタリー作品まで多岐にわたっています。著者の新機軸と言える全く新しい映画評論です。

定価 本体740円+税
発売日 2017年1月12日
ジャンル 文芸・芸術
書名(カナ) エイガトホンノイガイナカンケイ!
新書判 224ページ
ISBN 978-4-7976-8005-8
Cコード 0274

著者

写真写真

町山智浩(まちやまともひろ)

映画評論家。1962年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。アメリカ・カリフォルニア州バークレー在住。主な著書に『最も危険なアメリカ映画』(集英社インターナショナル)、『トラウマ映画館』『トラウマ恋愛映画入門』(集英社文庫)、『さらば白人国家アメリカ』(講談社)など多数。公式ブログ「映画評論家町山智浩アメリカ日記

好評既刊

pagetop